生活ってどう変えるの?

IMG_20180814_152139

「生活ってどう変えるの?」
 
まず、あなたの症状は?
お仕事や家事で普段忙しい、移動が多い、気分が落ち着かない、不安感がある、夜眠れない、頭、腰、背中など身体にこりや痛みがある、便秘している、身体に冷えを感じる、という方は・・・
 
 
ゆったりしてください。
 
まさにそれができないんだよ!と突っ込まれそうですが、
1週間に1回でも良いのでこれらにトライしてみてください。
ゆったりした気持ちになるように、パチュリー、シナモン、ジンジャー、オレンジ、ジャスミン、バジルなどの香りをかいでみる。
一日の時間の中で、5~10分呼吸をゆっくり吐いて吸うということをやってみる。
朝起きてすぐや寝る前が良いです。公園など木を眺めながらゆっくり散歩する。
眠れない方は、寝る直前までPCしていませんか?
神経が高ぶって副交感神経が働くまでに時間がかかるのでせめて寝る1時間前くらいにはPCを閉じてください。やることが残っていても翌朝にまわしてみてください。
きちんと寝ることができたら早朝の方が5倍くらい頭も身体も働きます。
お風呂の前に、
オイルを少量手に取って皮膚に塗りこみ、手のひらでマッサージしてから、
熱いシャワーを背中上部からあてて5分位体を温めます。
べたつきが気になる場合はティシュでふき取ってから浴びてください。
今だとココナッツオイルが良いです。しばらくしたら汗をたくさんかいてリラックスして熟睡できます。
散歩など穏やかな運動やヨーガ、太極拳も良いでしょう。
 
これら何一つもできない方は、、、、
寝てください。(笑)
 
休みの日の寝だめ。これだけでもOKです!
 
 
つづく。

 

 

 

広告

生活を変える

IMG_20180802_131355

 

仕事の質を変えるには、生活を変える。
作品を変えるには、生活を変える。
人間関係を変えるには、そう。
まず生活を変える必要があります。

 

生活を変える。
どう変わるかはあなた次第です。
変わればすぐにこころ変わり
当然からだも変わります。
そうして元に戻って
また生活はさらに変わっていくのです。

例えば積み上げた部屋の片隅。
何年も放って気になっていた。
ある日思いついて本をとり、
いらないものを束ねてみた。
その日から夕食の後
いらない書類をゴミ箱へ。
手紙や写真をまとめたら
1か月後にはみるみるごみ袋。
すっきりした気持ちと共に
やりたかった事に手を付けることになる。

そんなことの繰り返しのなかで
本当に大事なものはそんなにないことに気づきます。
それは
形のないものであることがほとんどです。

人はひとりで生きていくことはできません。
人とつながっていく。

そのときに「健康で」人とつながっていくか、
それとも「不健康で」人とつながっていくか。
それはこれからとても大事なことだと思います。

8月 ピッタ注意!

 

 

8月に入り、暑さはまだあるものの、かすかに季節の変化が感じられますね。少し先のことを考えて生活すると、今の行動は全然違うものになります。
来月あたりからピッタの憎悪による皮膚のトラブル、帯状疱疹、ピッタ性頭痛など出てきます。思い当る事ありませんか?揚げ物、揚げたスナック、ピリッと辛くて塩辛い、酸味のきついものをとりすぎる、直射日光に当たること、などピッタの強い性質の食や行動、できる範囲で良いので極力控えてくださいね。

宇治野先生のヨーガクラスのご案内です。8月のクラス追加分と9月の予定です。
8月11日㈯13:00~
8月26日㈰13:00~
9月9日㈰ 13:00~
9月30日㈰13:00~

定員3名様・90分です。小さなスペースでもできるポーズで首や背中、腕や足を伸ばしていきましょう。血流良くなり終わった後はスッキリ気持ち良いですよ。動きやすい洋服とヨーガマットかバスタオルをご持参ください。

思いのほか変わり始めるとどんどんと進んでいくのが身体と心です。躊躇することなく自分の選んだ方向へ進んでいきましょう!(笑)

放射能

IMG_20180802_132302

放射能、かなりアブナイらしい。でもじゃあ、どうしたらよいの?というと15.40あたりから。https://www.youtube.com/watch?v=A5mkXDG-jw4

実際私の家族も3年前に胃がんになり、手術で全摘しました。
手術した病院は抗がん剤を勧め、それを拒否すると、「抗がん剤やらないと危険です。他にはうちでやるすべはないからもう来なくて良い。」といわれその病院行くのをやめました。

それから代替療法の先生方や多くの心ある人の知恵とお力で
色々やってきてもうすぐ3年。
いたって元気です。
なぜ?
血液検査の数値も良好です。
なぜ?
年も年ですから、がんも他に転移したりしています。ですが・・・?

アーユルヴェーダから学んだ「消化」を踏まえて考えると
つまり食べたものが消化できていなければ毒になる。毒になったものは浄化して出せば良い。ということです。

がんは食品の中に入っている添加物や砂糖の発がん性、身体の冷え、そして精神的な問題が大きな要因です。落ち込みや悲しみは消化代謝を落とすのです。そしてこの放射能ももちろん。

「自分はもう先長くないからあまり気にしない」という高齢者がおられますが、次の世代を大切にしてほしいなと思います。

今、父は暑くても寒くても毎日散歩してます。「ありがとう」と言うようになりました。お菓子も我慢してます(笑)

お力くださった皆様、本当にありがとうございます。

8月のキャンペーン hena !

 

110305_1845

 

 

8月のキャンペーンはヘナです!
ヘナ トリートメントはひんやりとして
ものすごく気持ちいいです!
身体の中から熱が出る感じです。
色味は、白髪部分は自然なオレンジになります。
黒髪で、染が入らなくても良い方は
ヘナの前にヘッドオイルをつけてもなお良いですね。
水でといたパックを頭皮と髪につけて
ラップをして少しおいてください。
洗った後はしばらくは、草のような自然な
香りがしますが、
私はこの香りが結構好きです・・・!
ぜひ一度お試しください!

通常料金 5,000円を 3,800円

ヘナ 2,400円

夜空

夜空が見たい

星ではない

夜の闇を見たいのです。

自分はどうあっても自分ですから、

シュンと闇に包み込まれて

自分が自分であってそれでいい、という気持ちになって

眠りにつきたいのです。

 

 

言玉のほほえみ2018夏号への投稿

アーユルヴェーダを暮らしに活かす 、と題して

砺波洋子事務所発行、言玉のほほえみ2018夏号に投稿させていただきました。

「消化力の低下に対処しよう」

暑い夏がやってきました。アー ユルヴェーダのルトゥチャーリヤ (季節の過ごし方)という知恵で は、12 月中旬から 6 月中旬まで の太陽が北行する「アーダーナ」 は体力消化力が下降する時期、太 陽が南行する「ヴィサルガ」は、 反対に上昇する時期とします。梅雨から夏にかけては ちょうどラインの底辺にあたり、焼き肉やうなぎなどは スタミナどころかかえって消化不良や夏バテを起こして しまいます。

そこで、食事の注意点としては、①雨季に は塩味、酸味、油分のある温かいもの(野菜や豆のスープ、 わんたんや鶏のフォーなど)がおすすめです。消化不良 や冷えなどで体調を崩しやすいですよね。冷たいビール やジュース、氷も控えてください。②真夏は自然界に熱 と乾燥が強く、辛い味も熱性です。辛味を控え、夏野菜、 特に身体を冷やすウリ科(冬瓜、ゴーヤや胡瓜)、甘く て水分のある果物(ぶどう、いちぢく、桃など)も良い です。消化不良にはコリアンダー、クミン、フェンネル などのスパイスも良いでしょう。

生活上の注意点としては、日常のいろいろな場面で体 を良く動かすことです。冷房で体が冷えると代謝を落と し、汗をかけなくなります。免疫が下がり、痛みが生じて、 冷えは癌の要因ともなります。体力の半分くらいは体を 動かしてしっかり汗をかき、その汗が気化熱になって涼 しく感じられるような体にしましょう。転倒や病気で入 院しても、すぐに動くようにしてください。体は動かす ようにできています。そして冷房なしでも快適な部屋作 りをしてみてください。たとえばサンダルウッドのお香 や、ガーゼやリネンのシーツも爽やかですね。窓辺に風 鈴やすだれ、朝顔などを這わせて日陰にするなど、和の 涼を取り入れるのも良いでしょう。

夏のお盆の頃、日本 人は先祖の精霊を祀ります。故人との対話の中で、生と その延長線上の死というものを感じる季節でもありま す。アーユルヴェーダは生に執着することがないように とも説いています。アートマン(真我)は不滅で、生と 死を別のものとせず、連続の一過程と捉えているのです。 つまり体は乗り物なのですね。体を整え、 できる限り快適に限られた時間を生きていくという知恵 は、この大変な時代を生きる上でのヒントになるように 思えます。

 

 

7月のテーマ「おとしあな」

IMG_20180706_180438
 
もうとっくに雨マークは姿を消し、すでに真夏日が続いていますね。
 
こんな時期は冷たいビールに枝豆、アイスクリームやアイスコーヒーは
欠かせないという方も多いでしょう。
でも実はそれが「おとしあな」なのです!!
乾性が増えて消化力も下がるこの時期、
ますます内臓が疲れて睡眠も浅くなり、
疲れが雪だるま式にたまってしまいます・・・。
韓国では昔から、暑い時期にサムゲタンをよくとるそうですが、
これアーユル的にぴったりです!
 
 
冷房で身体が冷えてだるくなる、むくみ女子の救世主です!
冷たいものの摂りすぎを抑え、
色々なスープを食卓や外食で少し取り入れてみてください。
食後のスッキリ感で内蔵が癒されるのを実感してください!
フォーやわんたん、トマトスープなどもおいしいですよ!
翠アーユルヴェーダ 7月のキャンペーンです。
 
「足(ひざから下)のオイルマッサージ」です。
フットケアはほんわか気持ち良くなりますし、
さらにリラックスする足浴がつきます。
御着換えなしで、お仕事帰りにもお勧めです。
体調チェック&アドバイスもつきますので、
これからの夏を乗り切るご参考になさってくださいね!
 
時間:約30分
料金:3800円
ご予約:最終スロット18時(お時間ご相談ください)
 
 
ご予約は随時承っています。FBメッセージ、メールは
 
suiayurveda@gmail.com 宛で、ご連絡お待ちしております。
 
どうぞ、宜しくお願い致します。

「料理クラス」

36652452_1806646632752412_5655819695098429440_n

 

一度にそんなに吸収できない、と思うこともあるかもしれませんが、

人は意外と、短時間にものごとを習得できることもあります。

それが楽しいことだったり、興味のあることであったりすれば、

何年もかかることがあっという間に身についたりします。

 

こと、「食べる」ということに関して言えば、

美味しいものが嫌いな人は、まずいないでしょう。

だからアグニという消化力を学ぶには、美味しい体験をする必要があるわけです。

美味しく食べたいのならば、お腹をすかせることです。

お腹をすかせて料理クラスに参加していただき、

クラクラしながら五感で調理の流れを見ていくと、

否が応でも「食べる」にフォーカスすることができます。笑

 

料理クラスでは、消化に良い食事とはどういうものか?や、

スパイスがいいってどう良いのか?とか、

実際の食卓にスパイスを使っておいしく活かすには?とか、

甘いものや添加物から手を引きたいのだけれどどうしたら良い?とか、

そういった疑問を解消して即日常の暮らしへ還元でき実践できる講座です。

ご興味ある方は、ぜひお問い合わせくださいませ。

美味しいですよ~!!!

 

 

 

 

 

自覚

「大丈夫、大丈夫」と言いながら、全然大丈夫じゃない人がいます。

「大変だ、大変だ」と言って、全然大変でもない人もいます。
これ、別にうそをついてるわけではなくて自覚がないということなんです。
 
生活かなりきつい状態、
責任の重い仕事でプレッシャーを感じる、
お付き合いや忙しさで外食続き。
そうして血液の状態が濁っていたり、血流が悪かったり、
気の流れが滞っていたり、むくんでいたりすれば、
自分の感覚がずれてくる。
チューニングがずれてるわけです。
 
たとえば背中、肩がバンバンに固くなっているのに
固さや痛みを感じない。麻痺してます。
 
頭の鈍痛があるのに、正常を知らないうちは
もさっとした重さがある状態を、これが正常と思っている。
スッキリした時に初めて鈍痛があったことを知るのです。
 
味がしない、あるいは
口に何もない状態で苦いとか甘い味がする
というような味覚の異常も、自覚がある場合は少ないです。
 
楽になったあとで
初めて、前は体が重だるかったと、
「自覚」するのです。
 
 
自分の身体とこころの状態を把握することは、
簡単なようでそうでもありません。
自分のことは自分が一番わかっていないのです。
大丈夫です。みんなそうです。
私も含めて。(笑)
 
通り一遍の健康チェックではなくて、
自分の感覚を観察してみましょう。
 
例えば先日私はヴォーカルレッスンを体験しました。
声を出す、という普通の行為が
身体を動かし、手でおなかを触って確認して、
90分ものさまざまなアプローチで、
声をだしていく、すると
自分の声が「でるようになる」のです。
 
鏡を見るのも良いでしょう。
左右差がありませんか?
血色はどうですか?
姿勢はどうでしょうか?
 
食事を変え、身体を動かし、部屋に風を入れ、
人や事象と出会いがあり、考え方やストレスも姿を変え、
だんだんと血液が澄んでくる。
実はその時こそ、
自分の痛みを感じるスタートなのです。
 
痛みを辛いと思うかもしれません。
でも、
痛みは、それが消える前の症状なのです。